プラウマンズランチベーカリーについて

オープンして7年。
少し立ち止まり、 カフェの在り方を意識してみる。

カフェを生業としている以上、大義を持って、、
とまではいかなくとも、続けていく意味、続けていきたい理由を
明確にしたいなと。

カフェのスタイルは多種多様。
苦くも甘くも、人それぞれ。
結局、caféとは珈琲のようなもの。(読んで字の如く)
なんて自由で贅沢なことか。

アバウト アス

私たちは今日も
甘くも苦い珈琲を静かに落としながら、
少しのパンと
気持ちのいい空間を
あれやこれやと作っています。

それこそが《今》やりたいことでした。

こだわり過ぎず、バランスを大事に。
明日も今日のような一日が迎えられるように。